女性

なかなか治らない偏頭痛にはサプリでトドメを刺そう

サプリメント

気になるお腹周りに

中年に差し掛かると気になるメタボ体型ですが、その原因はお腹周りの内臓脂肪にあります。葛の花由来のイソフラボンが含まれたヘラスリムは機能性表示食品であり、脂肪の生成を抑制すると共に分解と燃焼を促進することで効率良く内臓脂肪を減らすことが出来るようになっているサプリです。

脳血管の過剰拡張を抑制

頭痛

症状緩和と予防に効果

多くの人が激痛に悩まされてきた偏頭痛の発作は、何らかの原因で脳の血管が過剰に拡張することで引き起こされます。多くはストレスが引き金となって脳内の血管を収縮させるセロトニンが大量に放出され、セロトニンが尽きると今度は急激な血管拡張に転じてしまうのです。脳の血管が広がると周辺の神経がダメージを受けてしまうため、激しい痛みや吐き気といった症状の原因となります。偏頭痛の薬として最も効果が高いと言われているのは、脳血管に働きかけて拡張を抑制する処方薬です。鎮痛薬と違って偏頭痛の原因そのものに直接作用する薬なのでよく効きますが、作用の強い薬にはどうしても副作用が避けられません。ドラッグストア等で手軽に買える市販の頭痛薬は鎮痛成分を主としており、薬物乱用頭痛の原因になることも知られています。その点で偏頭痛に効くと言われているサプリメントは薬よりも作用が緩やかなため、強い副作用の心配がありません。偏頭痛サプリの配合成分には製品による違いも見られますが、フィーバーフューやマグネシウムは多くの製品で共通しています。夏白菊とも呼ばれるフィーバーフューはヨーロッパで薬草に利用されてきたハーブの一種で、中に含まれるパルテノライドという成分がセロトニン抑制効果を持ちます。もともと解熱剤として使われていたフィーバーフューには鎮痛作用もあるため偏頭痛の痛みを和らげる効果も発揮しますが、予防的に毎日摂取した方が効果も高まるものです。偏頭痛サプリは薬と比べて副作用が遥かに少ないとは言え、フィーバーフューには子宮収縮作用もあります。妊婦の場合はフィーバーフューの摂取を控えた方がいいですが、その点にさえ気をつけていればサプリメントは安全性の高い偏頭痛対策です。薬と同様に目安となる摂取量を守りながら継続的に服用することによって体質が改善され、脳の血管も偏頭痛を起こしにくいように変わっていくのです。

寒そうな人

規則正しい生活が大切

身体を温める食品を選ぶことで、冷え症の改善に繋がります。調理の際にはできるだけ温めると良いでしょう。スープやシチュー、鍋物がより温まるでしょう。肉類に含まれる動物性たんぱく質は身体を温めることに効果的です。

レディー

酵素の力で体すっきり

丸ごと熟成生酵素は、生酵素であるというところが特徴です。48度以上の熱を与えない、特殊低温カプセル製法で作られており、高純度の酵素を体に届けることができます。代謝のよい痩せやすい体に、腸内環境を整え便秘解消に、と若いころのようなすっきりした体に導くサプリメントです。